ゴーヤの種100%・100g

価格: ¥2,000 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

ゴーヤの種を焙煎し、粉末にいたしました。この粉末によってゴーヤの種が食べやすくなりました。非常に希少なものです。ゴーヤには、いろんな力があります。健康にお役立てください。

ゴーヤの種は、すぱすぱ人間学2003/4/10~放送(地域によって放送日が異なります)にて紹介され、ダイエットに効果があるということで大変注目されております。 また、米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル(Rajesh Agarwal)教授らは、ゴーヤの抽出成分には、がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認しました。

ゴーヤの種粉末の食べ方

(すぱすぱ人間学より抜粋)
脂肪分解にかかせない酵素「リパーゼ」、 「太り気味の人はリパーゼの働きが悪いか、あるいは少ない」リパーゼを働かせるには運動して刺激を与えるのが常識でしたが、運動しないでやせたい!そういうときに頼りになるのが共役リノール酸です。
しかしながら、共役リノール酸が多量に含まれる食品はあまり自然界にありません。 共役リノール酸が入っているもので一般的に知られているのがゴーヤの種というわけです。 ゴーヤの種子には、共役脂肪酸(共役リノレン酸)が豊富に含まれています。 種子に含まれる油のうち60%くらいは共役リノレン酸と呼ばれる脂肪酸が入ってます。
食べると体の中で代謝され、素早く「共役リノール酸に」変わります。 共役リノール酸はリパーゼを働かせ、体脂肪の燃焼(分解)を促進する効果が確認されているダイエット成分です。 さらに分解された遊離脂肪酸が脂肪に再合成されるのを阻害する働きもあります。
一日に3グラムは欲しい共役リノール酸ですが一般的な日本人の食事ではたったの0.03グラム100分の一しか食べていません。 これでは脂肪を燃やしてやせることなんて出来ません! 共役リノール酸は熱に強いのでお茶にしても十分に取ることが出来ます。
一日に飲む目安は6~7杯くらいです。

他にこの様な商品がございます。

5000円で送料無料

びわの種

サラシア
深海わくわく

寿屋社長

ヘルシーライフ寿屋・店主

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ